最近よく聞く、デブ菌とヤセ菌のお話

「自分はどちらかというと少食系。なのに、簡単に太ってしまう。でも大食いの友人は太らない。なぜ?」つまり↓↓↓

食べる物や量はあまり変わらないのに、何故こんなに差が出るの?

あなたの周りにも、食べる量はそれ程変わらないのに、

太りにくい「ほっそりさん」
すぐ太ってしまう「ぽっちゃりさん」

はいませんか?不思議です。

その差って、何なのでしょう?

 

最近よく聞く、デブ菌とヤセ菌のお話

実は、「腸内環境の差」であることが、最近、アメリカの有名大学の研究チームによって、明らかになってきました。

「ほっそりさん」と「ぽっちゃりさん」の腸の中を比べてみると・・・

 

ほっそりさんの腸には「ヤセ菌」が、ぽっちゃりさんの腸には「デブ菌」が多いということが分かってきたのです。

 

デブ菌とヤセ菌

実は、デブ菌は、消化されたものを脂肪として体内にどんどん溜め込んでしまうんです。

逆に、ヤセ菌は、脂肪として溜め込むようなことはしません。

簡単に言ってしまえば、『腸内にデブ菌が多いと、肥満になりやすい』のです。

つまり、あなたがなかなか痩せないのは、腸内にある「デブ菌」が多いからだった!だから、デブ菌を減らしてヤセ菌を増やさないと!

以前、「バイキング」という番組で、このデブ菌とヤセ菌の詳細が放送されました。詳細は、以下をご覧ください。

デブ菌の比率が高いと太る!デブ菌って何?デブ菌を減らす方法は?バイキング

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

もう一つ、重要なことがあります。

腸内の菌は、善玉菌悪玉菌、そしてこれらどっち付かずの日和見菌の3種類があります。

善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌

悪玉菌の代表は、大腸菌

ヤセ菌やデブ菌は、日和見菌

に属します。

そして、ヤセ菌は善玉菌になびきやすく、デブ菌は悪玉菌に加担しやすい性質があります。

また、ヤセ菌とデブ菌の間には、「片方が増えればもう片方が減る。」というトレードオフの関係にあります。

ですから、何らかの方法で善玉菌を増やすことができれば、自然とヤセ菌の勢力が高まり、ヤセ菌が減っていきます。

つまり、太りにくい身体にするには、

◇ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らす!

そのためには、ヤセ菌の好物である水溶性食物繊維やオリゴ糖などを摂取する。

◇善玉菌優勢の腸内環境を作る。

そのためには、乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌となる菌を積極的に摂取する。菌の数や量だけでなく、多くの種類の菌を摂取することが重要!

 

デブ菌を減らしヤセ菌を増やすには

では、どのような食べ物を摂取すれば、デブ菌を減らしヤセ菌を増やせるのでしょうか?

  • ヨーグルトやチーズなどの動物性発酵食品、納豆や漬け物などの植物性発酵食品。
  • 水溶性の食物繊維を多く含む「大麦」「海藻」など。
  • オリゴ糖。オリゴ糖は、シロップ以外にも、玉ねぎ、ごぼう、バナナ、大豆、アスパラガスなどに多く含まれる。その他、豆腐、豆乳、納豆、味噌など

このような食べ物を毎日、バランスよく摂取していけば、自然と腸内環境はヤセ優勢の環境になっていきます!

 

でも、よーく考えてみてください。

このような食べ物をバランスよく摂取していくなんて、考えただけでも大変だと思いませんか?

中には、納豆は苦手、ヨーグルトは苦手、という方もいますよね。

 

もっと簡単に「ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らす」方法は、無いのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、「ラクビ(LAKUBI)」という訳です。

既に上記で説明していますが、ビセラをおすすめする理由は、

  • 短鎖脂肪酸をダイレクトに配合
  • ダイエットサポート菌が1兆個(1袋あたり)も!
  • 善玉菌・悪玉菌にアプローチ

だからなんですね!