酢とキャベツの栄養パワーを更に高めた「酢キャベツ」で、ヤセ体質に!

キャベツを千切りにし塩で揉み、酢に漬け込んで作る「酢キャベツ」。

そんな酢キャベツが、腸内環境を整えて「ヤセ体質」も夢じゃない!と今、ちょっとした話題になっています。
しかも、「自宅で簡単に作れて、作り置きも出来る!」から、尚嬉しいですね!

実は、この酢キャベツ、「酢」+「キャベツ」という「1 + 1」のヤセ体質パワーを、2ではなく3にも4にもしてくれる凄い食材なんですよ。

ここでは、そんな「酢キャベツ」について詳しくご紹介していきます。

キャベツの力・効力って?

豊富な栄養素を含むキャベツ

キャベツがダイエットに良く、しかも胃腸の健康や腸内環境を整えるのにもとても良いというのは、よく知られていますよね。

その理由の一つが、水溶性食物繊維不溶性食物繊維をバランスよく含んでいるから。

水溶性の食物繊維は、水を含むと粘り気が増し、腸内細菌の格好のエサになります。
一方の不溶性の食物繊維は、水分を含むと十数倍に膨らみ、腸に溜まったゴミを絡め取りながら、便として排出してくれる働きがあります。

キャベツには、この両方の食物繊維がバランスよく含まれているんですね。

さらに、胃腸薬としてよく知られている有名な胃腸薬がありますが、その名称の成分名は「ビタミンU」。胃腸の健康に大きな働きをしてくれるビタミン成分です。

キャベツは、その他にもビタミンCビタミンKイノシトールビタミン12ビタミン6など多くの栄養素を含み、疲労回復や美肌効果なども期待されています。

 

キャベツを食前に食べる!

キャベツは硬い食べ物。しっかり噛んで食べる必要がありますね。しっかり噛むことで満腹中枢が刺激されます。

加えて食前に食べると、ごはんなどの主食を食べる迄にある程度満腹感で満たされるので、糖質制限にも貢献してくれます。

 

酢のパワーって?

次に、について見ていきましょう。

酢の主成分は、酢酸アミノ酸です。

酢酸には、大きく3つの効果があると言われています。
その中でも、腸への健康効果に絞ってお話をすると…

酢酸には、腸の蠕動運動を促進させる働きがあるので、便秘にも効果的。
腸管が細かく収縮を繰り返してくれれば、便の排出を促すことに繋がります。

アミノ酸の働きも見逃せません。

私達の身体の約20%はタンパク質です。そのタンパク質を構成する最小の成分がアミノ酸アミノ酸がバランスよく含まれている酢は、このアミノ酸を補給してくれるので、とても優れた食品と言えるでしょう。

さらにには、悪玉菌の過剰繁殖を防いでくれる働きもあるので、こちらも見逃せません。

 

酢キャベツのパワーは?

以上、キャベツのパワーと酢のパワーについて、簡単にご紹介してきましたが、両方をミックスしたのが「酢キャベツ」。今、これが密かに注目を浴びています。

酢キャベツとは、キャベツを千切りにして塩でもみ、酢に漬け込んだもの。酢とキャベツが馴染むと、食べやすくなります。

そしてさらに長時間漬け込めば、発酵して乳酸菌が増えてくるので、腸内環境の改善にも多いに期待できます。

酢キャベツは、多めに作って冷蔵庫に保存することができます。このように作り置きも出来るので、土日の休みの時に多めに作って平日にも食べられるようにしておけば、毎日口にすることが出来るので、とても便利な有り難い食べ物とも言えます。

 

酢キャベツの作り方

■ 準備するもの

  • キャベツ大1/2玉
  • 酢200mL
  • 塩小さじ2杯
  • 粒マスタード 小さじ2杯
  • ジッパー付きの保存袋

■ 作り方

  1. キャベツを洗い千切りにします。
  2. キャベツと塩をジッパー付きの保存袋に入れ、しんなりになるまで軽く揉みます。
  3. 酢を注ぎます。お好みで粒マスタードを入れると良いですね。
  4. 袋のジッパーを閉じて軽く揉みます。
  5. 保存容器に移し冷蔵庫に保存します。半日ほど経つと食べ頃に!

 

■ 酢キャベツの食べ方

1日に食べる量や回数には、特に決まりはありません。
最初の2週間は、1日1回、毎日食べるようにします。2週間程で腸内環境が変わり、健康効果が実感できる様になるでしょう。

一度に大量を食べるより、少量でも良いので、毎日食べ続けることが大切です。

食べるタイミングは、食前がオススメです。食前にキャベツを良く噛んで食べると満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

 

まとめ

以上、キャベツのパワーやのパワーから、両方をミックスした酢キャベツの効果やその作り方、食べるタイミング等についてご紹介してきました。

腸内環境は、1日や2日で変わるものではありません。少なくとも2週間、毎日欠かさずこの酢キャベツを食べ続けることが重要です。2週間経過したあたりから、腸内環境の変化に気付かれることでしょう。

このように、毎日継続して食べていくことが大切ですが、途中で飽きてくることもあるかもしれません。

そんな時は、料理に加える工夫もしてみて下さい。

例えば、お好きな生野菜とあえ、調味料を加えて美味しいサラダにしてみるとか、野菜炒めや味噌汁の具材にしてみるとか…

食事を楽しみながら、同時にダイエットや腸内環境を整えていく!
楽しみながらダイエットにチャレンジしていけば、その効果への期待度も上がりますよ!

 

ラクビ(LAKUBI)の口コミと効果